ホームセンターの商品で問題になった石綿はどのような健康障害が発生するか。


そもそもアスベストとは?

アスベスト(石綿)は、天然にできた鉱物繊維です。熱に強く、摩擦に強く切れにくい、酸やアルカリにも強いなど、丈夫で変化しにくいという特性を持っていることから、その特性を活かしさまざまな製品に使用されていました。丈夫で変化しにくいため、吸い込んで肺に入ると組織に刺さり、15~40年の潜伏期間を経て、肺がん、悪性中皮腫( 悪性の腫瘍) などの病気を引き起こすおそれがあります。目に見えないくらい細い繊維のために、気づかないうちに吸い込んでしまう可能性があります。


アスベスト(石綿)には、蛇紋石系のクリソタイル(白石綿)と角閃石系のクロシドライト(青石綿)、アモサイト(茶石綿)、アンソフィライト、トレモライト、アクチノライトの6種類存在します。


アスベストによる健康障害とは?

アスベスト繊維を吸引することによって、石綿肺(じん肺の一種)、肺がん、悪性中皮腫などの疾患を発症する可能性があります。


現在アスベストのばく露量と中皮腫や肺がんなどの発症との間には相関関係が認められています。


下の図は石綿累積ばく量と潜伏期間を表しています。

石綿に関わる期間が長いほど、健康にリスクがある事が分かると思います。


出典:国土交通省


アスベストが家庭用品に含まれている場合がある