top of page

職長が現場で使うべきスキル 4M分析とは

職長は職場の問題解決を解決しなければなりません。

問題解決を考えるには、仕事の構成要素をまず整理します。



職長などの現場仕事に必須の4M分析とは?

仕事は3つの要素(ヒト、モノ、作業)と管理から成り立ちます。

事故や災害の原因分析や対策検討の要因を次の4つのジャンルに整理する事によって、

原因の本質を捉え対策していきます。これを4M分析と呼びます。



職長は現場で具体的に何を分析すればいいのか?

Man(人的)


人は作業者の不安全行動を分析します。


・共同作業場など接触は発生しやすい行為

・手順や規律無視をした行為

・職場の人間関係などのコミュニケーション

・不安全な体勢や姿勢でも作業

・作業者の危険な行為


Machine(設備・物的)


モノは原材料・部品・整備・機械などの職場の環境を指します。


・本質安全化の不足や点検整備の不足等

・取り扱っている物

・機械設備の欠陥・安全装置や保護具の欠陥


Media(作業方法・環境)


作業は、作業の手順、方法です。


・作業情報の不適切

・作業方法の不適切

・作業空間の不良

・作業環境条件の不良など



Management(管理)


・健康管理の未実施など

・教育訓練の未実施・不足など

・指導や監督の未実施・不十分など

・適正配置の未実施不足など

・作業手順の不適切・不備


まとめ

・職場で問題が起こった場合、4M分析で何が原因だったか分析します。

・Man、Machine、Media、Managementの項目で不十分だった部分を実施する。





Comments


特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page