職長とは? 現場での役割と職務




職長とは労働安全衛生法60条では「作業中の労働者を直接指導監督する者」とされています。

仕事を行う上で、現場指揮、命令する重要な役割を果たしている職場のキーパーソンです。


職長になる方法はこちらの記事をご覧ください


職長の役割と責務とは?

現場で施工と安全衛生業務のキーパーソンとして、自分の部下の安全を確保しなければならないことである。


部下の育成

現場に必要な3つの安全教育(知識教育・技能教育・態度教育)を教育、指導して行きます。


情報管理

報・連・相を基本的行動として、情報を正確に管理し仕事の推進する事が要求されます。


先取り安全衛生管理

職場の不安全行動・不安全状態を早期発見して是正することで、先取り安全衛生管理を推進します。


職長の職務とは?