化学物質のリスクアセスメント

化学物質のリスクアセスメント

化学物質のリスクアセスメント

一定の危険有害性のある化学物質(640物質)について
1.事業場におけるリスクアセスメントが義務づけられました。
2.譲渡提供時に容器などへのラベル表示が義務づけられました。


<化学のリスクアセスメントとは>
化学物質やその製剤の持つ危険性や有害性を特定し、それによる労働者への危険または健康障害を生じるおそれの程度を見積もり、リスクの低減対策を検討することをいいます。

<対象となる事業場は>
業種、事業場規模にかかわらず、対象となる化学物質の製造・取扱いを行うすべての事業場が対象となります。製造業、建設業だけでなく、清掃業、卸売・小売業、飲食店、医療・福祉業など、さまざまな業種で化学物質を含む製品が使われており、労働災害のリスクがあります。

<リスクアセスメントの実施義務の対象物質>
事業場で扱っている製品に、対象物質が含まれているかどうか確認しましょう。対象は安全データシート(SDS)の交付義務の対象である640物質です。640物質は以下のサイトで公開しています。
http://anzeninfo.mhlw.go.jp/anzen_pg/GHS_MSD_FND.aspx
対象物質に当たらない場合でも、リスクアセスメントを行うよう努めましょう。



<化学のリスクアセスメントの例>
厚生労働省指針による化学のリスクアセスメントの例
詳細は指針を参照下さい。

職長の方は労災を防止する事に役立つので是非覚えておいてください。

化学物質のリスクアセスメント1
化学物質のリスクアセスメント2
化学物質のリスクアセスメント3

問い合わせ先

■会社名:アイムセーフ 労働安全・労働衛生

■所在地:名古屋市西区城北町2丁目48の1

■連絡先:

TEL    : 052-700-0784     

FAX    : 052-700-0784         

E-mail : iamsafellc@gmail.com

​お知らせ: 衛生推進者 9/1(木)・安全衛生推進者 9/1(木) 9/9(金)・安全管理者 9/15(木) 受講者募集中

​労働局登録教育機関  「労働安全労働衛生コンサルティング・オンライン講習​・特別教育・教材作成」

​衛生推進者・安全衛生推進者・安全管理者 WEB習のスケジュールはこちら